イソフラボンも含まれている枝豆

枝豆の栄養と健康に対する効果は実は大豆以上でイソフラボンも含んでいます。茹でた湖畔をそのまま炊いてあだ豆ご飯やミキサーでつぶして牛乳をいれてポータージュ風のス-ぷにしたりするなど多くの調理のバリエーションがあります。

枝豆には葉酸もたくさん含まれており、茹でた枝豆100g中に260μg、冷凍のものでは、240μg多くふくまれています。しかし、葉酸にはビタミンB、B12やビタミンCが働かないと効果を活かせなくなってしまいます。それらも含んでいますので、効率よく栄養を摂取する事ができます。

イソフラボンはいくらでも取って言い訳ではなく1日に必要な目安は40mgで枝豆は100g中30mgです。多く摂取してしまうとホルモンバランス低下などの危険性があります。

コメントを残す