昔から、体に良いといわれている「しじみ」

健康のために、日本人が昔から親しまれてきた食材であるしじみ!しじみは赤いビタミンといわれ、身体の様々な反応に関与し、中枢神経機能の維持や脂肪代謝に重要な栄養素が多く含まれています。

こちらの栄養素が不足してしまうと悪性貧血や神経障害が起こるとされ、産前産後の女性には特に必要いわれている栄養素です。菜食が中心の方はサプリメントで補う等の対策が必要です。

自然の中には、数百種類のアミノ酸が存在しますが、そのうちタンパク質の構成成分のは20種類です。この20種のうちひとつでも欠けると、タンパク質を合成することができなくなってしまいます。
その中でも9種類は体内で合成する事ができないため必須アミノ酸といいます。この必須アミノ酸がほとんど組み合わせっているのが良質なたんぱく質といえその指標となるのがアミノ酸スコアでしじみはアミノ酸スコア100であるため、非常に良質なアミノ酸を含んでいると言えます。

コメントを残す