牛乳の10倍の栄養が含まれている「チーズ」

もともと栄養が豊富な牛乳を原料にしてチーズが作られていますので、チーズは牛乳の栄養成分が凝縮されています。チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000mlですので、チーズを30g食べると、牛乳300mlを飲むのとほぼ同じ程度の栄養が得られます。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べられ、さらに妊娠中や授乳期のお母様にも安心ですので、比較的どんな方でも食することができるかとおもいます。

特にパルメザンなど硬いチーズはカルシウムやたんぱく質が多く、山羊や水牛の乳から作ったチーズは牛乳に比べ脂肪が多く含まれています。カッテージやクリームチーズなど、カルシウム含有量の少ないチーズもあります。

コメントを残す