鉄分が豊富 うに

ビタミンB群の一種である葉酸は、妊娠の可能性がある女性に対して非常に重要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんの脳や神経を形成する栄養素のひとつであるので、特に妊娠初期には葉酸が必要となってきます。葉酸が不足すると、貧血だけでなく流産や胎盤早期剥離、先天性異常の二分脊椎のリスクが高くなります。

ウニには、ほうれん草の約3倍、アスパラガスの約2倍以上もの葉酸が含まれています。葉酸は、加熱調理に弱いのがうには生で食べる機会が多いため、効果的に葉酸を得ることができるといえます。

ウニには妊婦に起こりやすい鉄欠乏性貧血予防のための鉄分も豊富であり、骨や歯を作る働きのあるカルシウムも含まれています。特にカルシウムはお母さんのお腹の中から赤ちゃんへと与えられるため、積極的にとると良い食材です。

コメントを残す