アスパラガス

アスパラガスは、南ヨーロッパからロシア南部で自生しており、冷涼地で栽培されます。したがって日本では北海道が主産地です。
生のままのグリーンアスパラガスと軟化(土をかぶせて日に当たらないように栽培)させ水煮缶詰にするホワイトアスパラガスとがあります。
アスパラガスは、古くから疲労回復効果の高い食材として知られています。この理由は、野菜としては豊富なタンパク質、とりわけアミノ酸の一つであるアスパラギン酸が多く含まれる点にあるといえます。

アスパラガスは、疲労、だるさをとるといわれています。アスパラガスには、ビタミンCは少なく、ビタミンB1は多いといわれていますが、最大の特徴は、アスパラギン酸が多いことで、これが一番、だるさや疲労に関係がとても深いです。

コメントを残す