ダイエット効果のある運動

運動には有酸素運動と無酸素運動の二種類があり、有酸素運動は体内に充分な酸素がある状態での運動のことで酸素がある分、脂肪が燃えやすくなります。息がきれにくい運動ともいえます。

無酸素運動は息が切れてしまい、体内に酸素が足りない状態になってしまう運動のことになります。これだと脂肪があまり燃えてくれませんので、激しい運動以上に体内に十分な酸素がある状態で運動をした方が良いといわれています。

しかし無酸素運動には意味がないということではなく、筋肉を増やすという意味では、有酸素運動よりも効果的です。筋肉が増えることによって基礎代謝量が増えて太りにくい体質になります。
脂肪を燃やすということでは有酸素運動が効果的のようです。

コメントを残す