Browse Month: 6月 2015

炭水化物、ビタミン豊富 「とうもろこし」

身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。

とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品のひとつです。栄養素は胚芽部分に多くありますので、まるごとおいしくいただくのがよいと思います。

食物繊維は私たちの体内では消化されない食べ物の中にある成分のことを指します。直接私たちのカラダやエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進、有害ミネラル排出などの効果をもっております。他にも血中コレステロール・悪玉菌の増殖抑制、血糖値の急激な上昇を朝得たりの作用もあり、糖尿病、肥満や高血圧などに役立つとかんがえられています。

アスパラガス

アスパラガスは、南ヨーロッパからロシア南部で自生しており、冷涼地で栽培されます。したがって日本では北海道が主産地です。
生のままのグリーンアスパラガスと軟化(土をかぶせて日に当たらないように栽培)させ水煮缶詰にするホワイトアスパラガスとがあります。
アスパラガスは、古くから疲労回復効果の高い食材として知られています。この理由は、野菜としては豊富なタンパク質、とりわけアミノ酸の一つであるアスパラギン酸が多く含まれる点にあるといえます。

アスパラガスは、疲労、だるさをとるといわれています。アスパラガスには、ビタミンCは少なく、ビタミンB1は多いといわれていますが、最大の特徴は、アスパラギン酸が多いことで、これが一番、だるさや疲労に関係がとても深いです。

鉄分が豊富 うに

ビタミンB群の一種である葉酸は、妊娠の可能性がある女性に対して非常に重要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんの脳や神経を形成する栄養素のひとつであるので、特に妊娠初期には葉酸が必要となってきます。葉酸が不足すると、貧血だけでなく流産や胎盤早期剥離、先天性異常の二分脊椎のリスクが高くなります。

ウニには、ほうれん草の約3倍、アスパラガスの約2倍以上もの葉酸が含まれています。葉酸は、加熱調理に弱いのがうには生で食べる機会が多いため、効果的に葉酸を得ることができるといえます。

ウニには妊婦に起こりやすい鉄欠乏性貧血予防のための鉄分も豊富であり、骨や歯を作る働きのあるカルシウムも含まれています。特にカルシウムはお母さんのお腹の中から赤ちゃんへと与えられるため、積極的にとると良い食材です。