Browse Author: アミノ酸が含まれている食べ物比較

リバウンドとは?

リバウンドはダイエットをした人なら誰でも体験する問題であるかと思います。ダイエットによって減少した体重が元に戻ってしまう、またはダイエット前よりも体重が増加してしまうということがあります。

ダイエットとリバウンドを繰り返してしまうとどんどんと痩せにくい身体になってしまうといわれています。

なぜ、リバウンドをしてしまうかと言いますと、それは人間が持つ環境の変化に適応する能力が関係しており、ダイエットによって摂取カロリーを減らす、食生活を変える、またこれらによって体重を急激に減少させたりしますと体内では大きな変化が生じるようになり、少ない摂取カロリーでも生活できるようにエネルギー消費量を減らしたり、骨量や筋肉量を変化させたりと言った事が起きます。

生理中に太りやすいのは本当なのか?

いままでは生理前から生理中の時期には太りやすいからダイエットを頑張っても無駄だとあきらめていた方もおおいかと思います。しかし、この時期は近年では体温が上がり、基礎代謝が活発になると考えられています。このためこの時期にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることによって代謝が促され、体脂肪をより落とす容易降下が期待することができます。

しかし、この時期にはストレスがたまりやすく情緒不安定な時期でもあるかとおもいます。有酸素運動がストレスや負担にならない程度に、軽い運動から始めていくとよいかもしれません。

生理前や生理中は、むくみやすく食欲も増加してしまう傾向がありますので、注意が必要です。

グルテンフリーダイエット

グルテンフリーダイエットは普段の食事からグルテンという成分を摂取することを制限し、減量を行っていく方法です。

グルテンはたんぱく質の一種で、主に小麦や大麦等穀物といわれている食材に含まれています。小麦を原料として作るパンや麺にとっては欠かせない成分でパンの弾力や、麺の腰を出すためにかかせない成分です。

オーストラリアの栄養士であるエリカ・アンギャルさんがこのダイエットに注目し、多くの話題を集めています。グルテンの摂取を抑えることによって血糖値の上昇がゆるやかになり、太りにくくなるようです。

グルテンを摂らないように小麦を少し控えることによって血糖値が緩やかになり、過食を減らせるようにすることができます。

ダイエット効果のある運動

運動には有酸素運動と無酸素運動の二種類があり、有酸素運動は体内に充分な酸素がある状態での運動のことで酸素がある分、脂肪が燃えやすくなります。息がきれにくい運動ともいえます。

無酸素運動は息が切れてしまい、体内に酸素が足りない状態になってしまう運動のことになります。これだと脂肪があまり燃えてくれませんので、激しい運動以上に体内に十分な酸素がある状態で運動をした方が良いといわれています。

しかし無酸素運動には意味がないということではなく、筋肉を増やすという意味では、有酸素運動よりも効果的です。筋肉が増えることによって基礎代謝量が増えて太りにくい体質になります。
脂肪を燃やすということでは有酸素運動が効果的のようです。

ダイエットに効果的な食べ物

魚は含まれているDHAやEPA等の脂が脂肪燃焼に不快かかわりをもつ褐色脂肪細胞の増加を促進させて脂肪の燃焼を促進させるといわれています。

さらにそれ以外でも血中のコレステロールや中性脂肪の低下する効果もあるといわれており、身体に必要な脂肪酸となっています。
特にこの効果はさば、さんま、いわしが多く含まれています。普段の食事がお肉中心という方は魚も摂取するように意識してみてはいかがでしょうか。

お米の場合には白米を玄米に変える、白米に雑穀を加えてみる、うどんの場合には側に変えてみるということによって脂肪の燃焼を促すといわれています。
玄米、雑穀には、エネルギー代謝をたすけてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。

食事制限をした際の身体の反応

近年では食事制限をすることによって体重がすぐに落ちるということで話題になっていますが、その方法によっては身体の中ではかなり危ない反応を行っている可能性もあります。

食事制限をしてしまいますと身体が飢餓状態になってしまい、身体がエネルギー不足と判断し、省エネ状態になってしまいます。
そうしますと基礎代謝が下がってしまい、運動しても体重が落ちにくく、食事をする際には少量でも多くのエネルギーを摂取しようとします。また筋肉も落ちやすくなってしまいますので、ふとりやすい悪循環になってしまいます。

また省エネ状態になる身体の機能は身体が極限状態になっている状態ですので、自分からその極限状態にもっていってしまうことが非常に危険であるということになります。

硬くなった足裏をほぐし痩せ体質を作る

年齢を重ねることによって筋力は衰えてしまうと効くととても心配になってしまいますが、筋力は鍛えれば何歳になってもアップして衰えの下降線をなだらかにしていくことが出来ます。
筋力をアップすることによって内側から引き締めて、基礎代謝をあげていくことによって痩せる体を作っていきます。

足裏の筋肉は痩せ体質を作ることのほかにも少しの段差で躓いてしまったり、ヒールで脚をくじきやすいと言った方にも効果が有り、それらの筋肉をほぐして、感覚を取り戻し、躓きにくくしていくことが出来ます。

足指をパーの形にして、土踏まずの周辺を重点的にほぐしていきます。足底筋群を刺激しテイクことによって綺麗な脚の形を取り戻していきます。

最も大事な方法

ダイエットで最も大事であることは消費カロリーを摂取カロリーよりも上回っていることが重要です。摂取カロリーは食事で摂取するエネルギーで消費カロリーは身体が使うエネルギーです。

カロリーをコントロールすることによって摂取カロリー<消費カロリーの状態の状態を作っていくということが重要なポイントになっています。

実際のところ、しっかりカロリーコントロールを行うダイエット方法は少なく市場に出回っているのは何の効果もない方法やダイエット商品も多く蔓延しています。
しっかり痩せるためには、ダイエットでは最も重要なカロリーということを抑えておくことが良いでしょう。

ボディメイクアップでダイエットをしていくこともカロリーコントロールによってしっかりと体脂肪を落としていけます。

ストレスの感じさせない計画を立てる

ストレスは万病の元ともいわれているように過度のjストレスの蓄積は万病を引き起こすげにんとあってしまいます。しかしどうしても結果を出したがために過度なダイエットをしてしまうという人が多くいらっしゃいます。

ストレスを溜めるような過酷なダイエット計画は、短期間で結果を出すことを目的にすることで長期間続けてしまうことは危険です。無理のないダイエットは体重の減少は緩やかですが、長く続けやすくストレスがたまりにくくするダイエットを計画することによってリバウンドしにくくしていくことがおおいです。

ダイエット計画を立てる際、達成できないような目標を設定してしまうことが多く有りますので、過度の減量で健康を害したり、リバウンドを起こしたりしない計画を立てていきましょう。

運動ダイエットも取りいれる

運動ダイエットはなかなかやせないと思い方もおおいかと思いますが、効果的に行うことによって余分な脂肪を燃焼させる上に太ることがない身体も手に入ることが出来ますので、食事制限ダイエットだけでなく運動の積極的に取り入れることが重要となります。

ダイエットと言いますと体重を落とすことが目的と思いがちですが、そうすると食事制限が最も早いかと思います。しかし、食事制限だけで体重を落とすことは望ましくなく運動もあわせたダイエットで体重も落としていったほうが体調を崩しにくいかと思います。

食事制限だけでの減量ですと、体脂肪だけでなく筋肉量も減少してしまいますので、身体の代謝がおちてしまいますので、リバウンドの危険性が高まります。