Browse Category: 乳製品

東大式アミノ酸ダイエット

1ヶ月位前、世界一受けたい授業、東大の大人気先生の回で東大式アミノ酸ダイエットが紹介されました。
5年前まで、アミノ酸飲んでも、ダイエット効果がないと言われていたようですが、最新の研究技術はすごく、20種類中5種類でダイエット効果が実証されたそうです。
その方法を紹介してくれたのは、東京大学院の大谷勝教授です。

アミノ酸は従来のダイエット法とは違って筋肉をキープしながら脂肪を落とし、リバウンドしにくいという効果があるようです。アミノ酸は毎日の食事から摂取するようにするだけで良いみたいですよ。
アミノ酸が含まれた食べ物は数多く、肉類・魚介類・豆類・卵もそうです。

アミノ酸ダイエットは、東大式ウォーキングを組み合わせるともっと効果があるようです。
東大式ウォーキングはとても簡単で骨盤を上下に動かし、更にその状態に前後のひねりを加えながら歩くだけで良いそうです。それだけで下半身太りも解消されるようなのでお勧めです。

東大式ウォーキングは1日20分計2回行い、アミノ酸はスプーンに1杯を運動後に摂取するのが効果的なようですので、実践してみてはいかがでしょうか。

アミノ酸をガッツリ摂る方法とは

ダイエットにはアミノ酸が良いと言われていますが、アミノ酸とは何なのか知っていますか?

アミノ酸は自然界に500種類も存在しており、人間はその中から20種類を必要とされていて、食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸は9種類あるとのことです。

アミノ酸は、体内でたんぱく質を形成するために必要な物であり、不足していると体調不良になったり肌荒れの原因にもなりますので、卵や肉類、魚介類や乳製品を組み合わせてバランスよく食べるようにしましょう。

本来はアミノ酸スコアを気にして食事のメニューを考えることが大切と言われていますが、アミノ酸をバランスよく摂取しつつ、ダイエットもしたいという方には和食がオススメです。

偏食の人も、どの栄養もしっかりと摂ることができますので、ぜひ日本食でダイエットしましょう。

チーズ

もともと栄養豊富であるチーズは牛乳の栄養成分が濃縮されています。チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000mlですのでチーズを20g食べると、牛乳200mlを飲むのと尾なぞ程度の栄養を得ることができます。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べることが出井、妊娠中や授乳期のお母様にも押すs目できます。しかし、チーズはびたみんCと食物繊維、鉄分だけは不足していますので、野菜や果物と一緒に食べることが好ましいかと思います。

チーズは健康にも美容にも効果がある食品で高齢になりますとどうしても故知密度が減少し、骨の密度が減ってしまいます。若いときから意識してカルシウムを多く取ることでそのリスクを軽減することができます。

牛乳の10倍の栄養が含まれている「チーズ」

もともと栄養が豊富な牛乳を原料にしてチーズが作られていますので、チーズは牛乳の栄養成分が凝縮されています。チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000mlですので、チーズを30g食べると、牛乳300mlを飲むのとほぼ同じ程度の栄養が得られます。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べられ、さらに妊娠中や授乳期のお母様にも安心ですので、比較的どんな方でも食することができるかとおもいます。

特にパルメザンなど硬いチーズはカルシウムやたんぱく質が多く、山羊や水牛の乳から作ったチーズは牛乳に比べ脂肪が多く含まれています。カッテージやクリームチーズなど、カルシウム含有量の少ないチーズもあります。