Browse Category: 炭水化物

ダイエット効果が期待できる日本の生活習慣とは?

日本の和食が無形文化遺産として登録されましたが、欧米人と比べてスレンダーで肥満体型が少ない日本の生活習慣じゃ、実はダイエットに効果的だと言われていますのでご紹介いたします。

日本の朝食は、ご飯と味噌汁の他に、卵や野菜や大豆など副菜も豊富ですが、それによって炭水化物とタンパク質と脂質という3大栄養素を摂取する事ができるのです。

もし朝食を抜いてしまったら、昼食でどか食いしてしまいカロリーを多く摂取してしまうので注意が必要なのです。

海外ではシャワーだけで済ませるという事も多いそうですが、日本の湯船に浸かる習慣は、肌の調子を整えたり筋肉を緩めたり、さらにはストレスを和らげる効果もありますが、アンチエイジングやダイエットにも効果的なのだそうです。

ダイエットに効果的な食べ物

魚は含まれているDHAやEPA等の脂が脂肪燃焼に不快かかわりをもつ褐色脂肪細胞の増加を促進させて脂肪の燃焼を促進させるといわれています。

さらにそれ以外でも血中のコレステロールや中性脂肪の低下する効果もあるといわれており、身体に必要な脂肪酸となっています。
特にこの効果はさば、さんま、いわしが多く含まれています。普段の食事がお肉中心という方は魚も摂取するように意識してみてはいかがでしょうか。

お米の場合には白米を玄米に変える、白米に雑穀を加えてみる、うどんの場合には側に変えてみるということによって脂肪の燃焼を促すといわれています。
玄米、雑穀には、エネルギー代謝をたすけてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。

炭水化物、ビタミン豊富 「とうもろこし」

身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。

とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品のひとつです。栄養素は胚芽部分に多くありますので、まるごとおいしくいただくのがよいと思います。

食物繊維は私たちの体内では消化されない食べ物の中にある成分のことを指します。直接私たちのカラダやエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進、有害ミネラル排出などの効果をもっております。他にも血中コレステロール・悪玉菌の増殖抑制、血糖値の急激な上昇を朝得たりの作用もあり、糖尿病、肥満や高血圧などに役立つとかんがえられています。