Browse Category: 肉類

東大式アミノ酸ダイエット

1ヶ月位前、世界一受けたい授業、東大の大人気先生の回で東大式アミノ酸ダイエットが紹介されました。
5年前まで、アミノ酸飲んでも、ダイエット効果がないと言われていたようですが、最新の研究技術はすごく、20種類中5種類でダイエット効果が実証されたそうです。
その方法を紹介してくれたのは、東京大学院の大谷勝教授です。

アミノ酸は従来のダイエット法とは違って筋肉をキープしながら脂肪を落とし、リバウンドしにくいという効果があるようです。アミノ酸は毎日の食事から摂取するようにするだけで良いみたいですよ。
アミノ酸が含まれた食べ物は数多く、肉類・魚介類・豆類・卵もそうです。

アミノ酸ダイエットは、東大式ウォーキングを組み合わせるともっと効果があるようです。
東大式ウォーキングはとても簡単で骨盤を上下に動かし、更にその状態に前後のひねりを加えながら歩くだけで良いそうです。それだけで下半身太りも解消されるようなのでお勧めです。

東大式ウォーキングは1日20分計2回行い、アミノ酸はスプーンに1杯を運動後に摂取するのが効果的なようですので、実践してみてはいかがでしょうか。

アミノ酸をガッツリ摂る方法とは

ダイエットにはアミノ酸が良いと言われていますが、アミノ酸とは何なのか知っていますか?

アミノ酸は自然界に500種類も存在しており、人間はその中から20種類を必要とされていて、食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸は9種類あるとのことです。

アミノ酸は、体内でたんぱく質を形成するために必要な物であり、不足していると体調不良になったり肌荒れの原因にもなりますので、卵や肉類、魚介類や乳製品を組み合わせてバランスよく食べるようにしましょう。

本来はアミノ酸スコアを気にして食事のメニューを考えることが大切と言われていますが、アミノ酸をバランスよく摂取しつつ、ダイエットもしたいという方には和食がオススメです。

偏食の人も、どの栄養もしっかりと摂ることができますので、ぜひ日本食でダイエットしましょう。

サラダチキン

最近ではどのコンビニでも販売していたり、スーパーでも売り出していたりとブームが広がっています。
そんなサラダチキンがダイエットに効果的な食材としても注目されていますが、毎日ただサラダチキンを食べるというのはすぐに味に飽きてしまい続けることが難しいですよね(泣)

そんなときはサラダチキンをアレンジして取り入れていくのがオススメになっています。

私が実行したアレンジレシピは、サラダチキン豆腐ハンバーグです。
材料はシンプルで(3個分)木綿豆腐1/3丁・片栗粉 大さじ2~3・サラダチキン半分となっています。
作り方は木綿豆腐を潰しそこに片栗粉を加えて混ぜ、サラダチキンを細かくして加えます。
そしたら丸く整形して油をしいたフライパンで焼き目がつくまで両面焼き、蓋をして中火で5〜6分蒸し焼きにして完成です。
サラダチキンに味がついているのでやや味があるのですが、お好みでポン酢をかけてもOKです。

羊肉

羊肉はラム肉、マトン肉があり、日本ではhッ街道で食べられる料理であるジンギスカンで使う肉として知られています。
ラム肉は一般的には生後1年未満の子羊のことでマトンよりも臭みが少なく、味にも癖がない、肉の硬さも柔らかいなどといった食べやすい食材です。またラム肉は魚肉なみのコレステロールが低いです。

マトンは生後2年以上から7年くらいまで成長した大人の羊の肉です。ラムに比べて独特なにおいが強く年齢が進むにしたがって、赤みの色は深みが増してきます。ラムとマトンを比較すると、マトンの方が圧倒的にカルニチンという栄養素が多く含まれています。

生後1年以上2年未満の、ちょうどラムとマトンの中間にホゲットとよばれる肉もあります。

豚ロース

豚肉は鶏肉、牛肉と並んでよく食べられる食材であるかと思います。栄養価も高く値段もリーズナブルで料理レシピのバリエーションも数多くあります。しょうが焼き、とんかつ、豚の角煮など人気のメニューのレシピがたくさんあります。

最近では品種改良された東京Xなどのブランドの豚も登場しさらなるブームが続いています。お肉の全般的名特徴ではありますが豚肉の部位によって食感や味が異なるのも人気の理由であるかと思います。

中国では昔から疲労回復や滋養強壮よく効くと言われていました。豚肉にはビタミンB1という栄養分が含まれていて疲労回復に効果を発揮します。筋肉に溜まっていく疲労物質、乳酸を取り除いてくれますので夏バテなどにも最適です。

低脂肪であるヤギ肉

ヤギの赤身肉は、日本では半分近くが沖縄で飼育され、ほとんどが沖縄で販売・消費されます。アレルゲンが少ないことや低脂肪であることから沖縄以外の地域でも需要が増える傾向にあり、通販で手に入る。食べ方はやぎ汁が伝統的となっています。(ヤギ肉のカロリーは100g(単位)で107kcalのカロリー。ヤギ肉は100g換算で107kcalのカロリー)

ラム肉などの羊肉同様、臭みは主に脂身にあるので赤身肉であれば臭みが少なく食べることが出来ます。栄養成分は高たんぱく低脂肪で鉄、亜鉛が豊富。沖縄では食べると血圧が上がるという俗信がありますが科学的な根拠はありません。

レシピサイトでは佃煮、トマト煮、赤ワイン煮こみなど作り方が紹介されており、様々な食べ方が後悔されています。