Browse Category: 野菜

ダイエット効果が期待できる日本の生活習慣とは?

日本の和食が無形文化遺産として登録されましたが、欧米人と比べてスレンダーで肥満体型が少ない日本の生活習慣じゃ、実はダイエットに効果的だと言われていますのでご紹介いたします。

日本の朝食は、ご飯と味噌汁の他に、卵や野菜や大豆など副菜も豊富ですが、それによって炭水化物とタンパク質と脂質という3大栄養素を摂取する事ができるのです。

もし朝食を抜いてしまったら、昼食でどか食いしてしまいカロリーを多く摂取してしまうので注意が必要なのです。

海外ではシャワーだけで済ませるという事も多いそうですが、日本の湯船に浸かる習慣は、肌の調子を整えたり筋肉を緩めたり、さらにはストレスを和らげる効果もありますが、アンチエイジングやダイエットにも効果的なのだそうです。

身体のエネルギーを作ってくれるとうもろこし

とうもろこしはあまくておいしい日本でも有名な野菜ですが実はおいしいだけでなく、身体のエネルギーとなる炭水化物を主としてビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルを数多く含んでいる栄養満点の食材です。

炭水化物は、身体のエネルギーを作ってくれる栄養素で、身体を動かすだけでなく、頭を動かす際にも必要とナて来る栄養素です。このエネルギーが不足してしまうと、思考力が低下してしまったり、疲労感を感じたりしてしまいますので生活をしていく中でとても重要な栄養素です。

食物繊維は体内で消化されない食べ物のなかにある成分のことで直接のエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進や有害ミネラルを排出してくれたりと役割はとても重要となっています。

炭水化物、ビタミン豊富 「とうもろこし」

身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。

とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品のひとつです。栄養素は胚芽部分に多くありますので、まるごとおいしくいただくのがよいと思います。

食物繊維は私たちの体内では消化されない食べ物の中にある成分のことを指します。直接私たちのカラダやエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進、有害ミネラル排出などの効果をもっております。他にも血中コレステロール・悪玉菌の増殖抑制、血糖値の急激な上昇を朝得たりの作用もあり、糖尿病、肥満や高血圧などに役立つとかんがえられています。

アスパラガス

アスパラガスは、南ヨーロッパからロシア南部で自生しており、冷涼地で栽培されます。したがって日本では北海道が主産地です。
生のままのグリーンアスパラガスと軟化(土をかぶせて日に当たらないように栽培)させ水煮缶詰にするホワイトアスパラガスとがあります。
アスパラガスは、古くから疲労回復効果の高い食材として知られています。この理由は、野菜としては豊富なタンパク質、とりわけアミノ酸の一つであるアスパラギン酸が多く含まれる点にあるといえます。

アスパラガスは、疲労、だるさをとるといわれています。アスパラガスには、ビタミンCは少なく、ビタミンB1は多いといわれていますが、最大の特徴は、アスパラギン酸が多いことで、これが一番、だるさや疲労に関係がとても深いです。