Browse Category: ダイエット

アミノ酸による効果

最近では、アミノ酸で効果あることがわかっているそうですよ。
アミノ酸では、ダイエット・美肌になれ、生活習慣病も改善されるそうですよ。

アミノ酸サプリの選び方もあるみたいですが、用途に合わせて選べるといいですよね。
ダイエット効果があるアミノ酸はバリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、リジンだそうですよ。
美容効果があるのは、ロイシン、イソロイシンみたいですよ。
そして、生活習慣病の改善効果はバリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、リジン、スレオニンだそうです。

共通している効果もあるそうですので、アミノ酸サプリを選んで3つとも効果を実感できるようにした方がいいでしょう。
アミノ酸の効果以外にもウォーキングもするともっと効果があるそうですので、試してみてくださいね。

アミノ酸サプリ

最近、注目されているアミノ酸ダイエットはサプリが効果的なようですよ。

アミノ酸ダイエットは、健康的に痩せることができ、疲労回復効果や筋肉修復等の運動するには不可欠な栄養素です。
ただし、アミノ酸は飲んだだけでは効果が発揮されず、運動をすることでダイエット効果が実感できますよ。アミノ酸は運動前30分以内に摂取するといいですよ。

アミノ酸はどうやって摂取するのでしょうという話になりますが、食べ物からもサプリからも摂取できますよ。
その中でも、黒酢はバランス良くアミノ酸が含まれているそうです。そのため、黒酢やサプリ等で摂取するのがとても良いとされています、料理等に使ってみましょう。アミノ酸ダイエットも視野に入れてみてはどうですか。

スロージョギングダイエット

ダイエットとして手軽に行なえる運動はジョギングがおすすめです!
実はジョギングは有酸素運動の中でも、非常にダイエットに向いた運動で、走るタイミングなどをより見極めることが出来ればかなりの効果が期待できます。

しかし今までまともに運動していない、いきなりジョギングはなぁ、と思っている方は効果は少し落ちてしまうものの、ゆっくりと始められるスロージョギングがおすすめです。
ジョギングより遅く、でもウォーキングより早く走るこのスロージョギングは、ダイエットの入門として無理無く始めやすいのも特徴でしょう。

ただ単に走れば良いという訳でなく、背筋を伸ばし、身体を上下に揺らすことを意識して、肘も自然と自分の身体の横にある形でゆっくりと走ってください。
スロージョギングに慣れたら本格的なジョギングに切り替えるというように段階を踏んでいくと、より効果的ですよ!

サラダチキン

最近ではどのコンビニでも販売していたり、スーパーでも売り出していたりとブームが広がっています。
そんなサラダチキンがダイエットに効果的な食材としても注目されていますが、毎日ただサラダチキンを食べるというのはすぐに味に飽きてしまい続けることが難しいですよね(泣)

そんなときはサラダチキンをアレンジして取り入れていくのがオススメになっています。

私が実行したアレンジレシピは、サラダチキン豆腐ハンバーグです。
材料はシンプルで(3個分)木綿豆腐1/3丁・片栗粉 大さじ2~3・サラダチキン半分となっています。
作り方は木綿豆腐を潰しそこに片栗粉を加えて混ぜ、サラダチキンを細かくして加えます。
そしたら丸く整形して油をしいたフライパンで焼き目がつくまで両面焼き、蓋をして中火で5〜6分蒸し焼きにして完成です。
サラダチキンに味がついているのでやや味があるのですが、お好みでポン酢をかけてもOKです。

ダイエット成功のカギを見つけよう

どうして人間は太っていってしまうものなのでしょうか?
太るのには必ず食事や運動習慣の中に太ってしまう原因があるのです。

まずはご自身にどんな原因があるか、心当たりがあるものを見つけることからはじめましょう!!
ダイエットのために朝食を抜いているという人は結構、見受けられると思います。
朝食を抜いてしまうと体温が上昇するまでに時間がかかり、代謝の低い状態が長く続くとカロリーの消費が少ないということなので、痩せにくくなってしまうのです。
確かに食事をしなければ痩せるのではないかと思いがちですが、実はそこが間違いで朝食を抜くとダイエットに逆効果になってしまう為、なるべく抜かない習慣を身に付けていくことが大切です。

消費するエネルギーを増やす

ヒトが通常の暮らしの中でエネルギーを消費することのことを基礎代謝といいます。しかし基礎代謝で消費された程度のごく少量のエネルギー分は、毎日の食事で簡単に補充されてしまいますので、基礎代謝以外にもエネルギーを消費していく必要があります。
そのため、コレだけでやせるということは困難となっています。

まず戴せツンアコとは使ったエネルギー以上のものを食べないことです。当たり前のように感じますが、甘いものやアルコール等3度の食事以外にも多くの誘惑が存在してますので、コレを間折っていくだけでもそれなりの効果を着たいすることができます。

また運動では、無酸素運動で太りにくい体を作ったうえで、さらに、必要以上に摂ってしまったエネルギーを消費する有酸素運動をバランスよく行っていくことがとても効果的です。