イソフラボンも含まれている枝豆

枝豆の栄養と健康に対する効果は実は大豆以上でイソフラボンも含んでいます。茹でた湖畔をそのまま炊いてあだ豆ご飯やミキサーでつぶして牛乳をいれてポータージュ風のス-ぷにしたりするなど多くの調理のバリエーションがあります。

枝豆には葉酸もたくさん含まれており、茹でた枝豆100g中に260μg、冷凍のものでは、240μg多くふくまれています。しかし、葉酸にはビタミンB、B12やビタミンCが働かないと効果を活かせなくなってしまいます。それらも含んでいますので、効率よく栄養を摂取する事ができます。

イソフラボンはいくらでも取って言い訳ではなく1日に必要な目安は40mgで枝豆は100g中30mgです。多く摂取してしまうとホルモンバランス低下などの危険性があります。

低脂肪・低下カロリー かまぼこ

あまり知られていないかも知れませんが実はかまぼこは栄養価が高い食材であり、私達の健康維持にかかせないたんぱく質を豊富に含んでいます。人間の体の60~70%はすいぶんですが次に多いのが20%を締めているたんぱく質ですので、筋肉や胃腸などの臓器、皮膚といった組織から酵素やホルモン、血液までほとんどをつ売るのにたんぱく質はとても重要です。

美肌効果にもたんぱく質が必要でたんぱく質はは血行促進によってくすみを少なくしてニキビの原因となるアクネ菌に対して制菌効果があります。

またかまぼこは高たんぱく質に対して低脂肪ですので、脂肪分を気にしている方にも食べやすい食材です。
牛肉も高いたんぱく質を持っていますが、かまぼこよりも脂肪分に関しては高くなっています。

畑の肉【大豆】

大豆はよく畑の肉と呼ばれていますが、大豆が植物性食品にも関わらずに肉類等の動物性食品に栄養面で劣ることがない良質なたんぱく質を持っていることからいわれています。アミノ酸スコアでも86点といった高い数値を持っていますので、アミノ酸がバランスよく含まれていることがわかります。

肉類に比べましても、脂質が少なくカロリーが低いので健康食品としても注目されており、良質のたんぱく質はどうしても動物性の食品が多く、過剰に摂取してしまうと余分な脂質やカロリーを取ってしまいます。

余分な脂質やカロリーは体内で脂肪となり、血中の中性脂肪やコレステロールを上げ、メタボリックシンドロームになりがちとなっていってしまいます。大豆はたんぱく質以外にも、食物繊維やビタミンが豊富で、バランスよく栄養を取ることができます。

昔から、体に良いといわれている「しじみ」

健康のために、日本人が昔から親しまれてきた食材であるしじみ!しじみは赤いビタミンといわれ、身体の様々な反応に関与し、中枢神経機能の維持や脂肪代謝に重要な栄養素が多く含まれています。

こちらの栄養素が不足してしまうと悪性貧血や神経障害が起こるとされ、産前産後の女性には特に必要いわれている栄養素です。菜食が中心の方はサプリメントで補う等の対策が必要です。

自然の中には、数百種類のアミノ酸が存在しますが、そのうちタンパク質の構成成分のは20種類です。この20種のうちひとつでも欠けると、タンパク質を合成することができなくなってしまいます。
その中でも9種類は体内で合成する事ができないため必須アミノ酸といいます。この必須アミノ酸がほとんど組み合わせっているのが良質なたんぱく質といえその指標となるのがアミノ酸スコアでしじみはアミノ酸スコア100であるため、非常に良質なアミノ酸を含んでいると言えます。

身体のエネルギーを作ってくれるとうもろこし

とうもろこしはあまくておいしい日本でも有名な野菜ですが実はおいしいだけでなく、身体のエネルギーとなる炭水化物を主としてビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルを数多く含んでいる栄養満点の食材です。

炭水化物は、身体のエネルギーを作ってくれる栄養素で、身体を動かすだけでなく、頭を動かす際にも必要とナて来る栄養素です。このエネルギーが不足してしまうと、思考力が低下してしまったり、疲労感を感じたりしてしまいますので生活をしていく中でとても重要な栄養素です。

食物繊維は体内で消化されない食べ物のなかにある成分のことで直接のエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進や有害ミネラルを排出してくれたりと役割はとても重要となっています。

摂りたい栄養が多く含まれている【かじき】

たんぱく質が多く、脂肪は少ないカリウムなどのミネラルが豊富なかじき類は食材としてもとても優秀です。

同じかじきでも、めかじき・まかじき・くろかじきでは含まれる栄養素がそれぞれ異なり、めかじきではドコサヘキサエン酸、カリウム・ビタミンD・グルタミン酸が多く含まれ、かじきでは水分やたんぱく質などの一般成分・ビタミンA、Bなどやミネラル・脂肪酸・アミノ酸などです。

アミノ酸は身体の源となる栄養成分で、身体の様々な機能を担っている成分です。20種類のアミノ酸からできていて、アミノ酸が不足すると、成長障害や重篤な場合には生命の危険が及ぶこともあります。
かじきは、いくつかのアミノ酸が結合したイミダゾールジペプチドを豊富に含み注目を集めています。

牛乳の10倍の栄養が含まれている「チーズ」

もともと栄養が豊富な牛乳を原料にしてチーズが作られていますので、チーズは牛乳の栄養成分が凝縮されています。チーズ100gを作るのに必要な牛乳の量は10倍の1000mlですので、チーズを30g食べると、牛乳300mlを飲むのとほぼ同じ程度の栄養が得られます。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べられ、さらに妊娠中や授乳期のお母様にも安心ですので、比較的どんな方でも食することができるかとおもいます。

特にパルメザンなど硬いチーズはカルシウムやたんぱく質が多く、山羊や水牛の乳から作ったチーズは牛乳に比べ脂肪が多く含まれています。カッテージやクリームチーズなど、カルシウム含有量の少ないチーズもあります。

炭水化物、ビタミン豊富 「とうもろこし」

身体のエネルギーになる炭水化物を主として、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。

とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品のひとつです。栄養素は胚芽部分に多くありますので、まるごとおいしくいただくのがよいと思います。

食物繊維は私たちの体内では消化されない食べ物の中にある成分のことを指します。直接私たちのカラダやエネルギーとなるわけではありませんが、排泄の促進、有害ミネラル排出などの効果をもっております。他にも血中コレステロール・悪玉菌の増殖抑制、血糖値の急激な上昇を朝得たりの作用もあり、糖尿病、肥満や高血圧などに役立つとかんがえられています。

アスパラガス

アスパラガスは、南ヨーロッパからロシア南部で自生しており、冷涼地で栽培されます。したがって日本では北海道が主産地です。
生のままのグリーンアスパラガスと軟化(土をかぶせて日に当たらないように栽培)させ水煮缶詰にするホワイトアスパラガスとがあります。
アスパラガスは、古くから疲労回復効果の高い食材として知られています。この理由は、野菜としては豊富なタンパク質、とりわけアミノ酸の一つであるアスパラギン酸が多く含まれる点にあるといえます。

アスパラガスは、疲労、だるさをとるといわれています。アスパラガスには、ビタミンCは少なく、ビタミンB1は多いといわれていますが、最大の特徴は、アスパラギン酸が多いことで、これが一番、だるさや疲労に関係がとても深いです。

鉄分が豊富 うに

ビタミンB群の一種である葉酸は、妊娠の可能性がある女性に対して非常に重要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんの脳や神経を形成する栄養素のひとつであるので、特に妊娠初期には葉酸が必要となってきます。葉酸が不足すると、貧血だけでなく流産や胎盤早期剥離、先天性異常の二分脊椎のリスクが高くなります。

ウニには、ほうれん草の約3倍、アスパラガスの約2倍以上もの葉酸が含まれています。葉酸は、加熱調理に弱いのがうには生で食べる機会が多いため、効果的に葉酸を得ることができるといえます。

ウニには妊婦に起こりやすい鉄欠乏性貧血予防のための鉄分も豊富であり、骨や歯を作る働きのあるカルシウムも含まれています。特にカルシウムはお母さんのお腹の中から赤ちゃんへと与えられるため、積極的にとると良い食材です。